病院に任せきりではなくて自分もAGA治療に関する情報を把握しておくということはとても大事です

2016-06-10

AGA(男性型脱毛症)は、頭皮で悪玉の男性ホルモン(DTH)が分泌過剰・活性化するのが最大の原因であるとされています。この悪玉男性ホルモンの働きを抑制して、AGAの発症リスクを低下させる方法は主に以下の2通りがあります。

■DHT抑制成分入りのシャンプーを使う
発症してからのAGA治療は、DTH抑制作用のある専用の治療薬(プロペシアなど)が処方されますが、予防段階なら育毛シャンプーでも十分です。育毛剤やスカルプシャンプーの中には、AGA対策としてDTH抑制成分の配合が当たり前になってきているので、毎日のシャンプーにお役立てください。

治療薬よりも副作用のリスクが低く毎日使っても大丈夫なので、AGAの予防法としても最適なのです。しかし、体質や生活習慣によってはシャンプーを変えるだけでは不十分なこともあります。

■栄養素でDTHの働きを抑制する
シャンプーで頭皮へ直接的に栄養を与えると同時に、食事からの栄養素も健康的な頭皮のためには欠かせません。ビタミンやミネラルなどの基本的な栄養素が幅広く摂れていることはもちろん、DHT抑制に効果のある栄養素を重点的に意識するとなお安心です。

AGA予防としておすすめの栄養素には例えば、亜鉛やノコギリヤシ、大豆イソフラボンなどの成分が挙げられます。日常的に補うのが難しい栄養素は、育毛専用サプリメントなどを利用して効率的に摂取しましょう。イソフラボンや、髪の毛の材料となるタンパク質を同時に補える、納豆や豆腐といった食品もおすすめです。

食事とサプリの両方から、特定の成分が過剰にならないよう注意しつつ、足りない栄養素を補って健康な頭皮とふさふさの髪の毛を取り戻しましょう。

病院に任せきりではなくて自分もAGA治療に関する情報を把握しておくということはとても大事です

AGA(男性型脱毛症)は、頭皮で悪玉の男性ホルモン(DTH)が分泌過剰・活性化するのが最大の原因であるとされています。


Copyright© 2016年6月10日 自分が今抱えている薄毛の悩みを解決するために知っておくべきAGA治療に関する情報リスト
http://www.gtgarza.com All Rights Reserved.