薬代などが高額になってしまうと言われているAGA治療薬を安く購入するには?

2016-06-07

クリニックや病院でのAGA治療には、健康保険が適用されないため、薬代などが高額になってしまいます。具体的に治療薬でどのくらいの費用が必要なのか、薬代をもっと安く抑える方法はないのかといった疑問に答えます。

■一般的なAGA治療薬の平均費用は?
AGA治療法で一番よく用いられている治療薬・プロペシア(フィナステリド)の場合、月々約8000~10000円が平均的費用になります。しかも、半年から1年以上は服用しないと治療効果が出てこないため、それまでには10万円以上の出費になってしまいます。

AGA専門のクリニックによっては、治療薬の値下げを行っていたり、輸入された安価なジェネリック医薬品を処方してもらえる場合もあります。長期的に薬の服用が必要なAGA患者は、薬代の負担も考慮しながら通いやすいクリニックを探してみましょう。

■AGA治療薬の個人輸入はできるのか?
一般には高価なAGA治療薬でも、ジェネリック医薬品を個人輸入すれば安く入手できる方法も出回っています。しかし、個人輸入でも何かとコストが掛かったり安全性が問題視されているため、安易な利用は避けるべきです。個人的な輸入が困難なら代行業者を利用する手もありますが、粗悪品を掴まされるリスクも全く無いとはいえません。

万が一ニセ薬を気付かずに服用してしまうと、AGA治療どころか取り返しの付かない健康被害を被る危険性もあるのです。どうしても安いジェネリック医薬品にこだわるなら、国内の医療機関を通じて処方してくれるところで購入するのが一番です。国内のジェネリック医薬品も安いものでは5000~6000円前後で入手できることがあるので、これで経済的な負担はぐっと減るはずです。

薬代などが高額になってしまうと言われているAGA治療薬を安く購入するには?

クリニックや病院でのAGA治療には、健康保険が適用されないため、薬代などが高額になってしまいます。


Copyright© 2016年6月7日 自分が今抱えている薄毛の悩みを解決するために知っておくべきAGA治療に関する情報リスト
http://www.gtgarza.com All Rights Reserved.